丸子山な日常

丸子山な日々を綴ります。

台風19号

最強レベルの台風19号が接近中、今後、上陸、縦断の恐れがありる。

まだ駿河湾沖にもかかわらず、朝から大雨。

河川の水位は、低いものの、これからまだ10時間程度は大雨が続く予報が出ており、住んでいる場所にも、すでに、レベル4の避難勧告がでています。

家は、割と高層階なので、何処かに行くより、ここにいた方が安全だったりします。

河川の近くや、過去に水没したエリアの方は、明るいうちに避難所へ入る事をお勧めします。

早く行けば、場所もある程度選べますので。

 

f:id:umiwa:20191012165205j:image

アルフィー、會津風雅堂公演、延期

10月13日開催予定だった、THE ALFEE会津風雅堂公演が、台風19号の接近に伴い、公演が11月8日へ延期。

平日開催となり、休みをとって行くか、払い戻すか、同行者と相談して決めようと思う。

 

春は、別のアーティストのライブに行くので、次は来年の秋ツアーになるのか、遠いな。

今日のお絵かき日記

 

f:id:umiwa:20191012101041p:image

友人と漫画を描きあっていた頃、ななこちゃんの相方キャラとして誕生した、八神 聖奈(せな)ちゃん。

 

f:id:umiwa:20191012101324p:image

名前の由来は、めぞん一刻の後半に登場する八神いぶき、と、フォーミュラ1の88、90、91年ワールドチャンピオン、アイルトン.セナから。

前髪パッツンは、ワープロの16×16ドットで外字を作る時にななこちゃんと見分けをつけるため。

とある同人誌の企画で、ななこちゃんを敷き詰め、その中に一人せなちゃんを入れた「やがみせなちゃんを探せ!」をやっていたなー。

 

f:id:umiwa:20191012101349p:image

パンツが見えているようですが、見せパンのブルマなのでだいじょうです。

ミニ四駆37 MRT-016S2

f:id:umiwa:20191008220225j:image

ノリと勢いで買ってしまった、パンダレーシング。

 

f:id:umiwa:20191008220323j:image

元々は赤色ですが、おもちゃっぽいので、

 

f:id:umiwa:20191008220447j:image

メタリックブラックに塗装。

f:id:umiwa:20191008220548j:image

ランプ、エキゾーストパイプをシルバーで塗って更に格好良くなったと自画自賛

今週中のシェイクダウンを予定しています。

 

FCプリメーロ 1-0 日本製鐵釜石

東北社会人一部リーグ 

FCプリメーロ - 日本製鐵釜石

      1【前半】0

      0【後半】0

      1【合計】0

全18節の最終節週ですが、15試合を消化して3勝1分11敗、勝点10、得失点差-42で、降格圏に沈むFCプリメーロ

対するは、17試合消化し、5勝3分9敗-27で、勝点18、7位の日本製鐵釜石。

プリメーロは、残り3試合を全勝すれば勝点19、必然的に敗れるこの試合が最終戦の釜石は勝点18に留まり、他チームの結果にかかわらず、釜石を上回ることができ、残留する事ができる。

 

立ち上がりは、プリメーロのペースですが、徐々に釜石へ流れ始めます、そんな15分頃、プリメーロ三浦のシュートは、ゴール枠内へ、しかし、ネットを揺らすことはなく、外に跳ね返ります。

判定はゴール。

f:id:umiwa:20191006224906j:image

たまたま、カメラに写っていたそのシーン。

特に揉めることもなかったので、釜石も分かっていたと思われます。

 

f:id:umiwa:20191006225152j:image


f:id:umiwa:20191006225149j:image

得点後、唯一の得点の匂いがしたシーン。

ボールはキーパーの腕の下をすり抜けましたが、勢いが落ち、起き上がったキーパーがゴールラインギリギリで、キャッチ。

 

これ以外は、ギアを上げた釜石に防戦一方。

しかし、釜石のシュートは精度を欠き…いかに格好良くゴールを外すかを競う競技のようでした。

前半は、プリメーロリードで折り返します。

 

後半も展開は変わらず、リードは、僅かに1点、追いつかれたら勝ち越すのは難しいそんななんとももどかしい時間が続きます。

 

f:id:umiwa:20191006230331j:image

キーパーの大金。

俺的に今日のマンオブザマッチ


f:id:umiwa:20191006230323j:image

際どいところでなんとか守り抜きます。

しかし、今年のプリメーロは、奪っても展開する事が出来ずに苦し紛れのバックパスを奪われる…

この試合も、出しどころを塞がれて、バックパス、横パスを誘い、それを狙うシーンが多々見受けられました。


f:id:umiwa:20191006230328j:image

3分のアディショナルタイムの3分を過ぎ、このボールがゴールラインを割ったところで試合終了。

プリメーロは、薄氷の勝利で、残留へ首の皮一枚繋がりました。

日本製鐵釜石は、勝点18、-28の暫定7位で全日程終了となりました。

プリメーロは、勝点14、-41で、9位は変わらず、しかし、自力残留の可能性を残しました。

 

次戦は、10月13日、岩手県で勝点18、-16で、6位の富士クラブ2003と対戦します。