丸子山な日常

丸子山な日々を綴ります。

ミニ四駆 MRT-037VZ

f:id:umiwa:20210816002148j:plain

37号車のトップ画像

f:id:umiwa:20210816000041j:plain

ボディはアイアンビーク、サイドマスダンパーを取り付けられるようにタイヤの後方のボディをカットしてあります。

 

f:id:umiwa:20210816000057j:plain

正面、女の子の足ががに股に見えてしまうのがつらいところ。

17ミリのアルミローラーと、どのマシンの付属品か忘れましたが、一回り小さいプラローラ、左が3段なのは、スラッシュバンク対策です。

最上段にスタビチューブ、フロントバンパーの角度は青いロックナットの下にワッシャーを挟む枚数で調整。

正直、フロントローラーのスラスタ角の調整でここまで走りが安定するとは思わなかった。

 

f:id:umiwa:20210816000126j:plain

バンパー下には青のスポンジブレーキ。

 

f:id:umiwa:20210816000250j:plain

なぜこのマスダンパーなのかと問われれば、在庫がこれしかなかった、と、答えます。

 

f:id:umiwa:20210816000139j:plain

リヤは19ミリのアルミローラー2段、以前は3段でしたが、2段の方がタイムが良かったので変更しました。

ブレーキはピンクのスポンジ、バンパーは固定です。マスダンパーのストロークもスロー動画で確認してこの長さになっています。

 

f:id:umiwa:20210816000152j:plain

f:id:umiwa:20210816000110j:plain

f:id:umiwa:20210808233920j:plain

 

ミニ四駆 MRT-013T2

f:id:umiwa:20210816000221j:plain

ミニ四駆 グレードアップパーツセットクラシックVol.1のハイマウントローラーセットをリヤウイングと交換。

あまりにも遅かったので、モーターをノーマルからハイパーダッシュに交換。

このセッティングでそんなモーターで走れるわけもなく、コーナー2つであえなく転倒です。

トルクチューンから始めてみようかな。

 

COVID-19ワクチン接種2回目

6日午後、COVID-19(いわゆる新型コロナ)のワクチン接種2回目完了、周辺痛のみだった1回目と違い、体温の最高値は36.9度でしたが、頭痛、倦怠感、首筋から脇腹までの痛みと副反応が出ました。

頭痛がつらかったので、翌日は仕事の予定でしたが、お休みをいただきました。

これからうつ人へのアドバイスとしては、翌日は無理せずに最初から休みを入れましょう。

NISSAN R390GT1

f:id:umiwa:20210809003436j:plain

数か月前、売り切れてがっかりしていたこの商品が再入荷、速攻でゲット、お盆は天気が悪くて、いわゆる新コロナが蔓延しているので、家にこもってプラモ三昧だな。

高校生から社会人になるころが俺の中でプラモ全盛時代でしたが、今の方が道具がそろっていたりする。

 

ミニ四駆 MRT-037VZ

f:id:umiwa:20210808233945j:plain

長岡大会に向けて壮行会?

戦いに赴くパンダを残った仲間たちが送り出します。

後方には歴代の大会に参加したマシンたち。

仙台の走行の後、いくつか変更しました。

フロントローラーの大型化、リヤローラーを減らし、タイヤはスーパーハード、フロントのスラスタ角を調整。

 

f:id:umiwa:20210808233933j:plain

コジマのコースと仙台大会のコースで吹っ飛びまくってだいぶ塗装が剥がれました。

 

f:id:umiwa:20210808233920j:plain

相変わらずヘディングです。

ミニ四駆 MRT-012MS

f:id:umiwa:20210808233908j:plain

19年9月のジャパンカップ品川大会以降、部品がとられたままだった12号車が二年ぶりに復活。

品川大会は、大会は口実でお台場で遊ぶのがメインだったのでぶっつけ本番で走らせてしまいました。

案の定、2週目でコースアウト、リタイヤとなりました。

f:id:umiwa:20210808233856j:plain
 

ミニ四駆 エルグリッター

f:id:umiwa:20210808234317j:plain

仙台大会で先行発売された一般販売仕様の右と大会限定版の左。

先行で買ったからには一般販売より先に組み立てようと2台一気に作りました。

かっこいいか?と、聞かれたら正直微妙ですね…